PDF-XChange Editorを購入|レビュー|メリット・デメリット

PDF-XChange Editor内容物 楽しい生活

スポンサーリンク

PDF-XChange Editorってどんなソフト?

PDF-XChange Editorはロック(保護)されてないPDFファイルの編集ができるソフトウェア。
海外製のソフトですが、完全に日本語化されており使い勝手に不安はありません。
インターフェースもPC(Excel,Word)が使える人には問題なしです。

PDF-XChange Editorは、PDF-XChange Viewerの後継バージョン。
アイコンのデザインはPDF-XChange Viewerからは一新されていて、直感的にわかりやすくなった。
企業努力バンザイ。

契約書をPDFで送られてくると
パソコン上で書き込んで返信すれば楽なのですが、(無料版)AdobeAcrobatReaderではPDFに書き込めません。
印刷して→手書きで書き込み→スキャナで取り込んで→PCで送付
というめんどいことをしなくれはいけない。
なるべく楽したい。。
下の方に「レ点」「〇」「-」
のスタンプ用素材があります。
スタンプとして設定すればクリック一つでチェックが可能です。

PDF-XChange EditorでPDFを編集
こんな感じでPDFに自由に書き込めるフリーダムさ。バンザイ。

PDF-XChange Editorを使えばPDFをパソコン上で直接、編集できる。
文字の修正や、コメントを差し込むことなどもできる!
Word、ExcelからをPDFにすること可能。逆もOK。

AdobeAcrobatに比べるとかなり安いが、機能としてはこれで十分。

PDF変換や編集等は他のソフトに比べて問題はなくソフトの完成度は高い。
ただ1年間しかアップデートできない模様。

アップーデート期間を過ぎてもご利用のバージョンは使えるみたいだけど
体験版もあるので試してから検討したほうがいいです。
会社のPCの環境によっては動作しない場合も考えられるので。

ちなみに仕様版だとこんな感じでスタンプが付きます。

PDF-XChange Editorで強制的にスタンプが付いている画像

サポートに関する項目、全て英語ということで初心者向けでない。
まず、普通に業務でPCに携わる人なら問題ないと思うレベル。
1年後にフリー版に戻るか不明。(アップデートできないと説明があるのみ。)

ダウンロードとインストール手順

開封するとCD-ROMとシリアルキーが書いた紙が同封されています。

CD-ROMからインストールする手順を書いておきます。

CD-ROMをセットすると自動的にセットアップが始まります。

PDF-XChange Editor内容物
PDF-XChange Editor
バージョンは8.0.333.0ですね。
PDF-XChange Editor
「Next:をクリック
PDF-XChange Editor
チェックマークを入れて「Next」
PDF-XChange Editor
ひとまず、カスタムインストールしておけば間違いないので「Custom」をクリックして「Netxt」
PDF-XChange Editor
これで一通りそろっているので「Next」をクリック
PDF-XChange Editor
次にいろいろ出てきますが、自分はPDFファイルを開いた時にPDF X-Changeが開かない設定にしました。
PDF-XChange Editor
ユーザーネームとE-Mail、先ほど開封時に開いたシリアルコードを入力します。
PDF-XChange Editor内容物
シリアルキーはこれ。ゼロ0とオーOを間違えないようにしましょう。自分は二度間違えた。
PDF-XChange Editor
「Install」をクリックするとインストール作業が始まります。少し時間がかかります。
PDF-XChange Editor
OK。これで無事にインストールできました。

インストールできたらデスクトップのアイコンをダブルクリックで開いてみましょう。

そして設定から無事にユーザー登録できているかの確認。

よかった無事にできてる。

PDF-XChange Editor

ダウンロードしたフリー版からシリアルを入れる方はこちら

PDF-XChange Editor
「ユーザ登録」から
「新規ライセンスキーを追加」
PDF-XChange Editor
これでシリアルキーを入力すれば製品版になります。

これで製品版としてフル機能使用可能。簡単。

PDF-XChange Editor メリット・デメリット

【メリット】

・オブジェクトなどの前面/背面が指定できる。
・色の重ね合わせがいろいろと設定できる。
・印刷のオプションが豊富(例:倍率指定できる)
・ツールバーのカスタマイズが容易。
 例:しおりを右側に表示することも可能。

【デメリット】

・日本語入力がインラインでない。(カーソル位置で漢字変換しない)
・日本語の太字、斜体などが設定できない。(設定可能なフォントあり
・綴じ方の指定ができず、表示上も無視される。
・縦書きの文書を一部正しく表示できない。
・ヘッダー、フッター、透かしなどは設定できない。
・FAQが全て英語、サポートはなしと考えた方がよいです。
・メーカーHPからダウンロードする取扱説明書等は著作権保護の為、「ロック」されているので編集はできませんので注意。

スタンプ機能として使える素材「レ点」「-」「○」のGIF(透過処理済み)を張っておきます。
これで請求書に「レ点」を入れるときに困らずに済みますね。

(番外編)素材集

請求書にレ点だけ入れて送り返したい場合は
この素材をDLしてスタンプにすればOK。
gifファイルで透過処理して作成していますのでそのままExcel等にも使えます。

PDF-XChange Editorでスタンプツールが使えるようにする
「フォーマット」→スタンプ欄の所を右クリックして「新しく追加」→
「ファイルから新しいスタンプを追加」からDLしたファイルを選んでください。
チェックマーク
取り消し棒
○マーク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました