ダイソーの再生材を使って土の再生をやってみたよ。

園芸

まず根っこを除去します。

根っこを除去→消毒→再生材の混ぜ込みの手順でやります。

2023/11/24

古くなった土を再生します。やってみたいと分からないー。

まず、ふるいにかけて根っこを取り除いていきます。

結構、土まみれになったので写真はありません。
マスクもしておいたほうがいいです。

黒いビニール袋で消毒

ある程度、水で湿らせて黒いビニール袋に入れ
空気を抜いて太陽に当てます。
中にいる病原菌や害虫(コガネムシの卵等)を死滅させることができます。
そんなに急ぐ用もないので1ヶ月ぐらいは放置しておきます。


たまに裏表をひっくり返してやると熱が均等に行き渡ります。
『蒸す』のが目的なので車内に入れてもいいです。
冬の車内でも結構熱くなります。

土を乾燥させます。

2023/12/02 園芸シートを使って消毒した土を広げます。

この状態にしてしばらく置いて乾燥させます。
ちょっとサラサラすぎて目が詰まってしまいそう。
10日ほど放置した用土はカラカラに乾きました。
たまにかき混ぜるのが乾かすポイントです。

これにダイソーの古い土の再生材を混ぜ込みます。

 

いろいろなメーカーの再生材がありますが、今回はダイソーの古い土の再生材
古い土4:再生材1の割合でオッケーです。

再生材を混ぜ込んだあとは赤玉土(中粒)を1割ほど追加しました。
これで水はけがよくなります。もう少し入れてもよかった。

この土でチューリップキンセンカを植え付けしました。

根っこを除去→消毒→再生材の混ぜ込みと3ステップで土が再生できるのは面白かった。

いい感じの結果になったので結果は上出来でした。
無駄なく土を利用できるので土の再生はおすすめ。SDGS。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥524 (2024/06/24 06:33:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
髙儀(Takagi)
¥551 (2024/06/24 06:33:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました