車庫証明を取得した話


先日、ブログに書いたとおり中古車を入手するにあたって名義変更の前に車庫証明を取得しなければいけないので

自分で全部やってみました。

まあ警察署が平日しか相手なくて自分でやるのがめんどうな人は近くの行政書士さんか

自動車販売店に依頼してください。

たぶんそのほうがスムーズにいって幸せになれます。

自分の場合は必要な書類を調べたり印刷したりして全部そろえていきました。

名義変更は自分でやってみる

必要なものをまとめました。名義変更の記事はこちら
手間と時間はかかりますが名義変更も自分でやりました。
少しでも安く仕上げたいという人に参考になれば幸いです。
親戚の叔父さんは書類を車検書にすべて入れて保管してくれていたんですが、
こういう書類をひとまとめにしてくれている真面目さにも惹かれて購入しました。

相手が用意するもの 僕が用意したもの
印鑑証明書(発行後3ヵ月以内) 印鑑証明書(発行後3ヵ月以内)
委任状(実印)  
譲渡証明書(実印)  
自動車検査証(車検証)  
リサイクル券  
納税証明書  
自賠責保険証  

自分で調べたり実践したりするのが面倒じゃ無い人はおすすめです。

今回、勉強になったのは

1.自分の住んでいる県警のHPにいけば車庫証明に必要な書類は大抵揃う。

例えば「警視庁 車庫証明」って調べたら必要なエクセルがダウンロードできます。 フォーマットは全国共通ですが、警視庁のサンプルが一番わかりやすかったです。

2・土地が妻との共有名義だと自認書は不要。なので承諾書に連名で名前を書いておくと大丈夫です。

3・わからないところ、左下の新規とか、共有とかわからないところは提出場所で聞く。

4・保管場所は共有に丸をつける

一旦、書類を確認してもらったらべつの 窓口で収入印紙を購入して1枚目に2200円、4枚めに550円の

証紙を貼る。合計2750円

無事に受理されれば4〜5日後に発行されます。

今回はありませんでしたが書類に不備があったりしたら電話がかかってきます。

車庫証明の書類一式の受理は本人でなくても名前を告げれば誰でも受け取ることができます。

メモ 2021年9月22日に発行予定なのですが、ワクチン接種のときに名義変更もやってきます。

よし、次は車の名義変更(移転登録)です。

 

コメント

  1. […] 名義変更の記事はこちら […]

タイトルとURLをコピーしました